実際に使って良かった婚活サイトをランキングしてみた

⇒管理人が実際に使って良かったおすすめネット婚活サイトランキングはこれ
管理人のひごぽんがあらゆる有名&大手&人気のネット婚活サイトや恋活アプリを使って本音の本音で決めた婚活サイトランキングです。特に1位の婚活サイトはネットで出会い探すなら必須のサイトですよ(^^♪

婚活で確実に結婚するための戦略とは?婚活成婚者が教える成功する方法

婚活 戦略 成功

こんにちは。ブログ管理人のひごぽんです。

今回は婚活で確実に結婚するための戦略について書いてみたいと思います。

「戦略」というと何となく難しく感じてしまいますが、実際にはみなさん仕事で戦略を持って働いている人の方が多いのではないでしょうか。

「PDCA」という言葉をご存知の方も多いかと思います。

計画を立てて、実際に行動を起こし、その結果をチェックして改善する。

このPDCAのサイクルは婚活においても仕事と同様に非常に重要です。

 

ですが、仕事なら当たり前に出来ていることでも、なぜか婚活になると戦略は忘れてノープランに自分の感情のままに突き進んで、結果的に婚活疲れを起こしてリタイアしていく・・・・という婚活男女が非常に多いようです。

ですので、今回はもう1度、婚活で成功するための戦略をこの機会に考えてみたいと思います。

そもそもなぜ婚活するのか?結婚する目的は?

結婚の目的

戦略の前にまず、必ず考えておくべきことは、

「そもそもなぜ、婚活をするのか?」

ということについてです。

 

婚活の目的は成婚ですが、結婚そのものはアナタの人生のゴールではないはずです。

「結婚=幸せ」とは限りませんし、独身でも幸せに暮らしている人も大勢います。

例えば女性の方で子供が欲しいだけなら必ずしも結婚するだけが唯一の方法ではありませんし、恋愛がしたいだけなら婚活ではなく別の方法で出会いを求める方がいいかもしれません。

そもそも今アナタにとってやるべきことが婚活なのか?結婚する目的は何なのか?

この部分が明確ではないと婚活をしていても心の底で自分自身に納得がいっていないために常にモヤモヤした感じがつきまといます。

 

結果的に出会いを増やすための行動を継続することも出来ませんし、いい出会いがあっても結婚までたどり着かないことが多くなってしまうでしょう。

非常に根本的なことですが、目標や戦略の前に目的を明確にしておく事が、婚活という道を最後まで走り抜けるためのモチベーションになります。

婚活の目標は「期限」と「相手の条件」の2つを決める。「客観かつ具体的に」に立てるのがポイント

婚活 目標

婚活する目的を明確にした後は、目標を立てましょう。

婚活のゴールは「成婚」ですので、成婚に向けた「期限」と「相手の条件」の2つを考えていきます。

 

期限の目標を決める上で注意する点は「近すぎず遠すぎず」というところです。

例えば「半年後に結婚する!」と意気込んで目標を立てたとしても、実際に結婚するためには彼氏彼女と一定期間付き合った後にプロポーズをして式の日取りを決めて・・・と段取りがありますから、半年後に結婚するためにはおかしな話、来週くらいに恋人がいないといけなくなってしまいます^^;現実的な目標とは言えませんよね。

逆に「5年後に結婚する」という目標を立て場合、期間が長すぎてアナタ自身の他人からみたスペックの評価も変わってしまいますし、そもそも5年も婚活し続けるモチベーションが継続できるかという不安もあります。

ですので、お付き合いをしてプロポーズをするという期間も含めて考えると一般的には「1年半~2年後」の結婚が妥当な目標になると思います(結婚相談所の成婚退会という意味ではなく婚姻届けを出すという意味の「結婚」です)。

 

そして、次に「相手への条件」も決めておく必要があります。

この結婚相手の条件の部分によって成婚への難易度も、この後の戦略の作り方も大きく変わってきますので重要なポイントです。

「10歳年下の女性でないとNG」「医者か弁護士以外とはお見合いしない」という人よりも、「年齢が近くて年収が400万円以上ある人であればお見合いOK」という条件の人のどちらが出会いが多いかというと当然ながら後者になりますよね。

婚活を頑張っているのになかなかうまくいかない男女の中にはこの「相手への条件」の部分と自分のスペックが釣り合っていないケースが非常に多いですね。

 

とはいえ、妥協しろ!というわけではありません。

自分の結婚相手を決めるのは自分自身ですから自分の好きな希望条件の相手を設定して構わないと思います。

要はアナタがその目標に合った戦略を本当に実行することができるかどうか?そして、それに釣り合った対価をアナタが支払うことが出来るのかどうか?

それを理解した上で譲れない条件であるのならばくらでも高望みOKです。

 

また他には、出来る限り相手への条件が、「客観かつ具体的」であることも大切なポイントの1つです。

例えば「可愛い」「優しい」「誠実」などという条件はアナタの主観であって人によってそれぞれ捉え方や感じ方が違いますよね。

最終的にはこういったアナタ自身の主観でしかわからない部分で結婚相手を選ぶことにはなるのですが、最初の出会いを増やすときには誰が見ても意味が同じ条件である方が便利です。

例えば、結婚相談所などで担当にお相手を紹介してもらう際もミスマッチが少なくなりますし、担当の質によって紹介者の質が変わるリスクも抑えることが出来ます。

ですので「可愛くて女性らしい人」「イケメンで優しくて誠実な男性」といった抽象的な条件ではなく、「25歳~30歳までのタバコを吸わない初婚の女性」「33歳~37歳の関東在住の年収500万円以上の男性」といったような具体的で誰が見ても同じ意味になる相手の条件を決めておきましょう。

婚活の戦略で考えておきたい3つのこと

婚活 戦略

では、婚活の目標も決まったところで実際に成婚するための戦略を練っていきます。

婚活の戦略を立てる上で必要なことは3つあります。

まずは「アナタ自身の資源(条件)」を知り「どういう婚活方法」でアナタの希望する「何名の女性」と会うのかということです。

この仮説を立ててそれに沿って行動をして、結果を基に修正を加えながら継続していくことで成婚へつながっていきます。

 

とりあえず、わかりやすく説明するために「もし僕がもう1度婚活をするのであれば」という想定で戦略を練っていきたいと思います。

まず、僕の結婚への期限は「1年半後に結婚」とします。

ですから、実際にお付き合いする期間やプロポーズなどを考えると最低でも今から1年後には「この人と結婚する」という相手がいなくてはいけませんよね。

となるとさらにプロポーズまでを決意する相手を1年後にみつけておくためには、その数か月前には彼氏彼女の関係の相手がいなくてはならないでしょう。

ですので実質半年から8~9か月程度の間に彼女を作る必要があります。

 

そして、僕が希望する相手女性への条件ですが、

  • 年齢は30歳~37歳まで
  • 離婚歴は1度までは可。ただし、子供なしが条件
  • タバコは吸わない
  • 相手親との同居不可
  • 年収は問わないが定職に就いている
  • 体型は太りすぎ・痩せすぎはNG
  • 東京、もしくは近郊に在住の方

客観的な条件としてはこんな感じです。

僕自身がアラフォーですのでまずまず平均的な女性への条件かと思います。

あとは、実際に会ってみてルックスだったり会話や雰囲気など主観的な部分で判断していくことになります。

戦略その1~アナタ自身の資源を考える

婚活 資源

まず戦略を立てる上で考えておくべきこととして、アナタ自身の資源を考えてみましょう。

資源とは言いかえればアナタ自身の条件とも言いかえられます。

例えば1ヶ月に婚活に使えるお金が1万の男性と10万円使える男性とは出会いの方法も種類も変わってきます。

また、20代の男性と40代の男性でも婚活する場所は変わってくるでしょう。

 

アナタ自身の持つ条件によって何名くらいの女性と会う必要があるのか、またどういった婚活方法をとることが最適なのかが変わってきます。

とはいえ、なかなか客観的に自分のスペックを測るのは難しい面もありますし、婚活をしていればいずれいやが上にも自分の婚活市場での需要を知ることになります。

ですので、とりあえずは客観的にわかる部分のアナタの資源・条件だけ洗い出してみましょう。

1ヶ月に使える予算、時間、アナタの年齢や女性に対してのアピールできる部分、こういった点を確認しておきましょう。

戦略その2~どの婚活方法で戦うのか

婚活 方法

婚活と一口に言っても方法は色々とあります。

一般的な結婚相談所や結婚情報サービス、婚活パーティーや婚活サイトや婚活アプリはもちろん、最近は街コンも流行っていますし、他にも合コン、ナンパ、社会人サークル、婚活イベント、相席屋、婚活バーなどなど。

男女の出会いがあれば、すなわちそれはすべて婚活です。

費用も違いますし、それぞれ参加者の結婚への真剣度も違います。また、本人の性格によって向き不向きもあります。

 

可能であれば全ての婚活方法をやることが最も良い方法ではあるのですが、現実問題としては不可能ですし、非効率ですよね。

ですので、これらの婚活方法の中からアナタ自身の予算などの環境に合わせて最も適切な出会いの方法を選ぶ必要があります。

とはいえ、現実的に結婚ということを考えた場合は「結婚相談所」「結婚情報サービス」「婚活パーティー」「婚活サイト」くらいまでの婚活方法が妥当だと思います。

 

ちなみに一般的な婚活方法別の成婚率は、

  • 結婚相談所:10~15%程度
  • 結婚情報サービス:6~8%程度
  • 婚活パーティー:1%以下
  • 婚活サイト(アプリ):1%以下
  • 街コン:1%以下

こういった成婚率になります。

なかなか街コンや婚活バーなどから成婚まで持っていくのは参加者の真剣度を考えると効率が悪すぎますよね。

あとは、アナタが使える予算と時間と労力を考えてどの婚活方法にするか絞っていきましょう。

もちろん可能であれば複数を同時進行するのも全然アリですよ(^^♪

戦略その3~月に何名と会う必要があるのか?

婚活 戦略

では実際に結婚するためには、何名くらいの方と会う必要があるのでしょうか?

1つの目安として、ここではIBJ結婚相談所の1年以内に成婚した男女の平均的なお見合いの回数のデータを参考にしてみたいと思います。

平均お見合い回数

僕自身の年齢でみてみると30代後半~40代の年齢層になりますので16~20回程度のお見合いが必要であることがわかります。

もちろん、自身のスペックや相手への条件の度合いで必要な人数は変わってきます。

また、これは結婚相談所のデータですので、婚活への真剣度が下がる婚活パーティーや婚活サイトでの出会いであればもっと多くの人数と会う必要があるでしょう。

 

ちなみに一般的に各主要な婚活方法での成婚率はさきほど挙げたように

  • 結婚相談所:10~15%程度
  • 結婚情報サービス:6~8%程度
  • 婚活パーティー:1%以下
  • 婚活サイト(アプリ):1%以下
  • 街コン:1%以下

と言われています。

ですので、先ほどのデータを基にすると結婚相談所ではなく仮に婚活パーティーのみで結婚相手を探すとなると約10倍以上(僕の場合であれば200名以上)の相手と会う必要がある(カップルになる必要がある)という計算になります。

僕が婚活する場合の具体的な戦略とは?ケーススタディ

婚活 戦略

では、具体的に上記の戦略に僕自身を当てはめてどういった仮説が立つのかを考えてみたいと思います。

まず僕であれば婚活方法は結婚相談所をメインにします。理由は単純。成婚率が最も高い婚活方法であることがわかりきっているからです。

 

そして、僕なら半年間で最低50名とお見合いをすることをノルマに課します。IBJのデータの約2.5倍の人数ですね。

なぜ50名なのかということですが、5名の女性とお見合いをして交際(2回目以降のデート)まで進む確率を約20%程度と考えます(※一般的に実際ではもう少し低くて15%程度)。

さらに交際した女性の中から真剣交際(恋人関係)に進むのは10名に1名だと考えましたので、全部で50名の女性とお見合いをする必要があります。

数字の根拠としては実際に数十社という結婚相談所に話を聞いたり取材した時の話をまとめた僕なりの統計です。

あくまで平均的な確率ではありますが、僕自身がさほど高望みでもなく、自身のスペックも年齢的には平均的だと思いますので、そのまま平均値をとりました。

 

となると、半年で50名とお見合いするとなると、月に最低でも8~9名とお見合いする必要がありますから、1つの結婚相談所だけではかなり厳しい数字だと思います。

また、月に8~9名とお見合いが成立するためには120名~150名程度の女性に申し込みをする必要がありますから(※お見合い快諾率は30代後半~40代男性は約7%前後です)、紹介数や申し込みに上限がある結婚相談所では到底不可能ですね。。。

ですので、僕なら自社会員で運営している大手の結婚相談所と複数の連盟に加盟していて申し込みや紹介数に上限の無い個人の結婚相談所の2つの相談所に入会するでしょう。

であれば会員が被ることもないですし、大手の結婚相談所で月の最低の紹介数を確保しながら、申し込み制限のない個人の結婚相談所で月に最低100名は申し込みをする戦略がとれます。

それでも足りなければ週末は婚活パーティーに参加したり、空き時間を使って婚活サイトも使って人数の帳尻を合わせます。

 

もちろん、算の問題はありますが、確実に月に8名~9名の女性(しかも結婚への真剣度が高い)と会うというノルマが僕自身の戦略の中にある以上は最も適切な婚活方法の選択肢は結婚相談所の掛け持ちです。

1つの結婚相談所と婚活パーティーを組み合わせる方法をとっている人もよく見かけますが、同じ1名と会うといっても結婚相談所のお見合いと婚活パーティーでカップルになった相手と出は真剣度がまるっきり違いますし、かえって月に5、6回婚活パーティーに参加する費用や労力を考えると結婚相談所の方がコスパがいいと思います。

費用的には結婚相談所2社の月額だけで3万円程度は軽くかかりますし、お見合いやデートの時に費用を考えるともっとかかりますが、半年間と割り切って仮に100万円くらいかかったとしても僕であれば目標を達成するためにこの方法をとると断言できます。

結婚相談所以外の婚活方法を選んだ場合は?

婚活 戦略

僕であれば結婚相談所を婚活方法として選択しますが、中には婚活サイトや婚活パーティーという婚活方法を選択する方も大勢いるかと思います(むしろ大多数がそうですよね)。

ですので結婚相談所以外の婚活方法の場合の僕がとる戦略も一応紹介しておきます。

 

もし、僕が結婚相談所以外の婚活方法で1年後に結婚する女性と付き合っている状態であると考えた場合、まず婚活サイトに関しては会員数が多く人気のあるサイトを最低でも4~5つ程度は並行して使っていきます。

さらに週末は婚活サイトで知り合って会う女性の約束がない日に関しては、土日両方とも婚活パーティーに数回は参加するでしょう。

おそらくですが、この方法であれば4~5個の婚活サイトだけで月に10名程度の女性と会うことが出来ると思いますし、空いた時間を使って婚活パーティーにも参加すればプラスアルファで数名の女性と食事くらいは行くことが可能だと思います。

 

ただ、とはいっても結婚相談所の1回のお見合いと婚活サイトや婚活パーティーで知り合った女性との1回会うことを比較すると、成婚への真剣度(前のめり具体)という点ではやはり結婚相談所の方に軍配があがります。

ですから、実際に1年後にはプロポーズして結婚を約束するところまで持っていきたいと考えた時に、もっともっと数を会う女性の数を追っていく必要があるでしょうね(彼女自体はできると思いますけどね)。

また、この方法であれば5つの婚活サイトで有料会員になる費用と婚活パーティーに月に5~6回参加する費用を考えると結局、結婚相談所を掛け持ちするのと月額の費用的には大して変わらない(成婚料はいらないですが)くので予算の問題だけで結婚相談所を避ける方にはあまり意味がないですねm(__)m

もし月に1万円しか予算をかけられない場合はどうする?お金をかけない戦略とは?

婚活 安く済ませる

もし仮に僕が婚活に回せるお金が月に1万円もない!という場合、どういう婚活をするのか?

であれば、予算内で使える限りの婚活サイトを複数やりますね。

仮に1万円以内であれば婚活サイトの相場は月額3000円~4000円程度ですので3つは使うことが出来ます。

ただし、ポイントなどを途中で購入することはできませんから、かなり相手女性の条件幅を絞ってアプローチすると思います。

条件幅を絞るというのは自分の条件に当てはまる女性の中でも比較的マッチングしやすい相手のみに申し込みするということです。

 

とはいえ、それでもおそらく月に会える女性の数は良くても3~4名程度ではないでしょうか。

「月に3、4名に会えるなら十分では?」と思うかもしれませんが、あくまで目標を1年半後には結婚している(ということは1年後にはプロポーズできる相手がいる)ということですから、仮に月に3名ペースで会ってもどうですかね~。

その中から両方が気に入って何回か会って、付き合うまで至る相手が何名いるのか?そして、仮に付き合ったところでお互いが結婚を考えるところまでたどり着くのか?

期間を区切っていますので今回の自分の目標到達を考えると、かなり微妙な気がします^^;

もし、僕が20代でいい人がいれば結婚してもいいかなぁ~くらいのスタンスで「とりあえず彼女が欲しい」「いろんな女性と出会ってみたい」ということであれば、これでも十分かなとは思いますけどね。

モニタリングしながら仮説を月ごとに修正していく

婚活 戦略

自分なりにどの婚活方法で何名くらいと月に会うかのノルマを決めたら、後は自分の仮説が合っているかどうか毎月モニタリングします。

僕であればまず月に120~150人へ申し込みが出来ているかどうか?そして月に8名~9名の女性とのお見合いが組めているかどうか?この部分をモニタリングします。

仮に仮説のようなお見合い回数が組めてなければ、もっとお見合いの申し込みを増やすか、もしくは別の婚活方法で会う人数を増やしていくことも考えなくてはいけません。

さらに組めなかった原因は何なのか?結婚相談所のチョイスがまずかったのか?それとも自分のスペックに対して申し込みをする女性のスペックが釣り合ってないのか?はたまた、単純に仕事が忙しすぎて思ったように婚活に力を入れることができなかったのか?

数字を達成できなかった原因を探り修正をかけていく必要があります。

 

逆に思ったよりもお見合いの快諾率が高い場合は、場合によっては1つの結婚相談所だけに絞ることもあり得ます。

とにかく自分の戦略通りにまず最初の1ヶ月は行動してみないことにはデータがとれませんので、必ずこのスタートの1ヶ月は死に物狂いで決めた戦略を守りましょう。

そして、モニタリングして出た数字に対して修正をかけていくだけです。

基本的には毎月その繰り返しになります。

戦術を見直すことでより成婚までの確率を上げていく

婚活 戦術

自分の条件に合った婚活方法で戦略通りに仮説を実行していき、その結果をモニタリングして修正をしていく。

その繰り返しのサイクルに入ると、ここで初めて戦術面を強化していきます。

戦術とは具体的には申し込みの反応率を上げるための写真や自己紹介文の変更・修正であったり、初対面の時の服装や髪形、またコミュニケーションスキルのアップなどを指します。

 

実際に写真を変更しただけでお見合いの快諾率が2倍になったなんていう話も珍しくありません。

もしお見合いの成立する確率が2倍になれば単純に婚活にかける期間も2分の1に短縮できますし、その分費用も安くすることができます。また何より出会いの数が増える事で成婚への確率も上がりますから、戦術面は非常に重要です。

ただし、写真や会話、服装など戦術的な面を見直すにあたって厄介なのは自分では自分を客観的にみて修正することが非常に難しいという点です。

 

ですので、理想としては客観的にみて指摘してくれる第3者の存在が必要です。

なおかつ出来れば婚活に特化した人間からのアドバイスであることがベターです。

そう考えるとやはり適切なフィードバックをもらえる結婚相談所が最も目標に近づける婚活方法であるといえるでしょう。

婚活を継続するモチベーションをどう管理するのか?

婚活 モチベーション

戦略が決まり実行に移しモニタリングしながら修正をして、また仮説を立てて行動していく。

さらに1つ1つの出会いの精度を高めるために戦術面(会話や見た目など)を磨いていく。

これを繰り返し継続してやっていけば基本的には婚活で成功して結婚することは可能なはずです。

ですが、この「継続する」ということが非常に婚活では難しいのも事実です。

 

モチベーションは放っておけばどんどんと下がっていくのが基本的な原理です。

まして婚活ではお金も時間も労力も頑張って費やしてたくさんの人と出会っても成婚できる確率はよくても10%程度、残りの90%の婚活男女は結婚できずに終わってしまいます。

成婚できた婚活男女ですら、その1人をみつけるまでに何十回と相手に断られたり辛い思いもしています。

ですから、自分で婚活を継続していくモチベーションを管理することは婚活で成功する上で非常に重要なポイントです。

 

具体的なモチベーションの管理のやり方は人それぞれです。

あまり参考にならないと思いますが、僕の場合の婚活を継続することが出来たモチベーションの1つは単純に色々な女性と会えることが楽しかったからということがあります。

婚活を始めるまでの数年間ほとんど家と職場の往復でお金もなくて結婚なんてイメージすらできなかったのですが、婚活を始めてみると毎週、普段だと出会うことの出来ない女性と話が出来たり食事に行ったりできているという現実があるわけです。

中にはキレイな女性もたくさんいましたし、結婚はしなくてもお付き合いした女性も数名います。

婚活前の自分と比べると婚活中の自分がどれだけ幸せで恵まれているかと思うと、僕は婚活が楽しくてあまり辛いという気持ちを抱いた記憶がありません。

ですので、僕は比較的レアなタイプかもしれませんね^^;

 

ただ、婚活のモチベーションを継続するために共通して必要だと思う根っこの部分としては「なぜ、自分は婚活をしているのか?」という目的が明確化どうかという部分だと思います。

中には目標だけで突き進める人もいますが、基本的には目的があってこその目標ですから、最初に明確にしておくかどうかで婚活でしんどいときにもうひと踏ん張りできるかどうかの分かれ道になると思っています。

まとめ~いかに結婚に繋がる出会いの数を増やすかが大事

婚活 楽しむ

いかがでしたか?

今回は僕なりに婚活で確実に結婚するための戦略を書いてみました。

仮に僕がもう一度婚活をするならば結婚相談所を掛け持ちするという婚活方法をとると書きましたが、要は「いかに結婚につながる出会いの数を増やせるか」が大事かということです。

 

婚活パーティーや婚活サイトで数名と会ったくらいで「あ~いい人いないなぁ~」なんて言っている人は甘すぎます。

まして合コンや街コン、社会人サークルに数回参加したくらいで「全然恋人できない」なんて論外です。

1年後や1年半後に確実に結婚しているためには「結婚の意思がある異性とそれこそ30人、40人と会う必要がある」のです。

しかも、半年とか1年とかそれくらいの期間に会う必要があるのです。

 

婚活で年齢が重なっていいことなど1つもありませんし、モチベーションもそんなに長くは続きません。

短期間で結婚に繋がる出会いを圧倒的に増やすことこそが、確実に成婚するための大前提になります。

そのためにはお金も時間も労力もある程度は犠牲にする必要があります。その覚悟を持ってやるべきです。

 

とはいえ、人生の中のわずか半年~1年程度の間ですから、割り切って全力で取り組むべきでしょう。

何でも本気でやった方が楽しめますし、普段出会うことがない異性と短期間で数十名と出会えるというのは逆に婚活しているからこそのメリットです。普通に生活していたらなかなかあり得ない経験ですよね。

ぜひ、婚活を本気で楽しんでみてください。この記事がアナタの婚活のお役に立てれば幸いです^^。

 

 

 

    管理人が今ココは使えると感じてる婚活・恋活サイト

    ペアーズ
    日本一の婚活・恋活サイトでしょう。会員数の多さ、写真掲載してる会員の多さ、ルックスの良さ、コスパの良さ(女性は無料です)どれをとっても断トツ。
    Yahoo!パートナー
    知名度抜群で会員数は問題なし。リニューアル後は使い勝手も良くなって女性は完全無料です。
    マッチドットコム
    ペアーズやゼクシィ恋結びとかFacebook系の恋活サイトでうまくいかない時や掛け持ちで婚活サイトやりたいなら全然、システムも会員の質もタイプの違う婚活サイトのマッチドットコムは良いと思う。