実際に使って良かった婚活サイトをランキングしてみた

⇒管理人が実際に使って良かったおすすめネット婚活サイトランキングはこれ
管理人のひごぽんがあらゆる有名&大手&人気のネット婚活サイトや恋活アプリを使って本音の本音で決めた婚活サイトランキングです。特に1位の婚活サイトはネットで出会い探すなら必須のサイトですよ(^^♪

街コンに行ってみてわかった長所と短所など感想を書いてみる

街コンに行ってみてわかった長所と短所など感想を書いてみる

こんにちは。ブログ管理人のひごぽんです。

20代30代の出会いの場として人気の「街コン」。

僕も以前から気になってはいたのですが、地方ではまだまだ開催数が少なかったり「二人一組」が基本の参加条件だったりとなかなか行く機会がなかったんですよねぇ。

 

ですが、最近では街コンの業者も増えて地方開催も多くなってきましたし、一人参加OKの街コンが増えてきて一気にハードルが下がりつつあります。

お陰で僕も最近になったようやく福岡の街コンに参加することができました^^

 

とはいえ、街コンがだいぶ市民権を得てきたとはいえ「参加してみたいけどちょっと不安」という男女もまだまだ多いかと思います。

ということで、今回実際に僕が街コンに行ってみてわかった長所や短所、またちょっとしたコツなんかも踏まえて感想をまとめてみました。

これから街コンに参加してみようかと検討している方も、1度行ったことがある方にも参考になる部分があるとかと思いますので最後まで読んでやってくださいね^^

 

街コンに行ってみてわかった5つの長所

街コンのメリット

では、街コンに行ってみたわかった長所を5つ紹介してみます。

 

1.多くの人と知り合いになれる

通常、街コンは総勢100名以上の開催が多いため1日でいろいろな人と話す機会があります。

また、婚活パーティーのように連絡先交換の禁止など縛りもないので、自由に席替えのタイミングやお店の移動中など交換することができます。

街コン後につながるかどうかは別として、僕自身も1回の街コンで10名以上の女性のLINEや電話番号をゲットすることもあります。

色々な婚活や恋活の方法はありますが、1日で多くの人と出会うということにおいては街コンが1番多いかもしれないですね。

 

2.同性の友達が出来る

婚活パーティーでは同性の参加者と話すことはほぼあり得ないと思いますが、街コンでは同性の参加者と仲良くなるケースは多々あります。

同じテーブルになって仲良くなることもありますし、僕のように一人参加がメインの人は同じく一人参加の同性を誘って二人組で移動する場合もあります。

特に女性同士は仲良くなりやすく、街コンで知り合ったのを機に友達になって別の街コンに一緒に参加する女の子も少なくないです。

普段からの友達と一緒に婚活するのって難しかったりするので、そういった婚活仲間が増えると行動の範囲も広がるので貴重ですね。

 

3.社会勉強になる

実際に街コンに参加してみればわかりますが、年齢や職業などホントに色々な大勢参加しています。

普段の家と職場の往復や限られた人間関係の中では知り合えることが出来ない人たちと少しの時間でも話すことができるのは、出会いうんぬん関係なく面白いですし、社会勉強になりますよね^^

異性だけでなく同性とも話す機会があるのも街コンならではないでしょうか。

また、あまり異性と話す機会がなくて女性慣れ(男性慣れ)していない人にとっては免疫をつける場所にもなります。

 

4.アクティブな人が多い

そもそも街コンに参加する人達は良くも悪くもアクティブな人が多いです。

人見知りであまり大勢と話すことが苦手であれば1対1で話す婚活パーティーの方を普通は選ぶでしょうしね。

さらにお酒も入りますので、雰囲気的には婚活パーティーとは違って楽しい雰囲気やワイワイした感じになりやすいです。

そういったノリが好きな人にとっては出会いのみならず、楽しい場所になるかと思います。

 

5.20代が比較的多い

婚活パーティーや結婚相談所などの真剣な出会いの場では30代40代が多く、まして20代前半の異性と出会うことは少ないです。

その点では街コンは大学生くらいの男女もいますし、全体的には婚活パーティーよりも平均の年齢層は若い傾向があります。

僕のようにアラフォー世代にはどちらかというとデメリットかもしれませんが^^;、20代の男女にとっては嬉しい限りでしょうね。

 

街コンに行ってみて感じた10の短所

街コン 短所

では、続いては街コンに行ってみた感じた短所を10個紹介してみます。

 

1.業者によって当たり外れが大きい

街コンが楽しいと感じるかどうかは参加者よりも業者の当たり外れによる要素が大きいです。

特に街コンの場合は募集人数が多いだけに、男女が違いすぎる場合最悪の状況になります。

最悪の場合は、僕が聞いたケースでは男性が7割くらいの街コンもあったそうです。

 

その他にも、僕が経験した例としては提携している飲食店が2つしかなくて人数が入り切れなかったり、スタッフの指示や誘導が曖昧で参加者が右往左往していたりすることもありました。

参加者の人数やスタッフの人数も婚活パーティーよりも多いだけに業者の質によって街コンの質が大きく左右されます。

 

2.参加者の出会いへの真剣度は低い

当然と言えば当然ですが、婚活パーティーよりも参加者の出会いへの真剣度は低いです。

付き合いで来ているだけの人もいますし、婚活パーティーに比べてヤリ目、既婚者、勧誘系の人も多いですね。

街コンで彼氏彼女をみつけることだけを目的に気合いを入れていくと、肩透かしの可能性は高いです。

本気で結婚を見据えて出会いを探しているのであれば、街コンではなく婚活パーティーに行きましょう。

⇒実際に行ってみてわかった質の高い婚活パーティーの詳細記事はコチラ

 

3.食事はあまり期待できない

街コンといえば出会いだけでなく食事を楽しみにする参加者(特に女性)が多いのですが、個人的な経験上あまり食事には期待しない方が良いかと思います。

理由は2つあって、1つは単純に街コンで使われる飲食店でそんなに特別美味しいお店に当たったことがないです。

どうしても席数が大きいお店が利用されることが多いので、使われるところって限られてきますからねぇ。

 

2つ目の理由としては、街コンでの食事ってビッフェ形式なんですが、人が多いので落ち着いて食べる雰囲気ではありません。

また、席替えやお店の移動も頻繁にあるので食事を楽しむ暇なんてないんですよね^^;

逆に言えば、街コンでゆっくり食事が楽しめる状況って「ぼっち」状態だったり、イイ人が全然いない、盛り上がってないということなので、それはそれでどうなのって感じでもありますけどね。

 

4.知り合いに会う確率が高い

地方で、なおかつ地元開催の街コンだと知り合いに会う確率はなかなか高いです^^;

会っても大丈夫な関係性ならいいですが、街コンに参加したことを知られたくない場合は地元以外の街コンに参加するほうが無難ですね。

 

5.年齢層がバラバラの場合も

街コンの場合、人数が100名以上であることがほとんどのため、婚活パーティーと違って年齢制限の幅が広かったり、年齢制限していない街コンも多々あります。

そういった街コンに参加すると大学生くらいの女の子と40代のおっさんたちが同じテーブルで話すなんてことも普通にあり得ます。

逆にアラサー女性が婚活パーティーのノリで行くと、着いたテーブルが全員20代前半の男女なんてこともあります。

 

ただし、だからといって幅の狭い年齢設定の街コンを選んでしまうと、プチ街コン(20人~程度)になってしまい本来の街コンの長所が損なわれてしまう可能性もあります。

婚活パーティーと違って街コンの場合は出会い以外の部分も楽しむつもりで参加したほうが結果的にはいいのかもしれないですね。

 

6.サクラ(運営者の知り合い?)が多い?

婚活パーティーに比べて街コンはサクラが多いとはよく聞きますね。

個人的にはサクラというよりも運営者側の知り合い?友達?なのか知らないですが、そういった男女がいたことはあります。

本人たちも悪びれなくそんな話を自分たちでしていましたし、その子らだけ席異動や店の移動が自由でした。

純粋に街コンに参加している側の人間からすると、そういった行為をみるとちょっと冷めますよね。

 

7.会話の割り込みがウザい

婚活パーティーと違って街コンの場合は知らない人同士の合コンみたいなものなので、当然ながら気になった相手と話している時に別の参加者の割り込みがあります。

もちろん、可愛い女の子と話している時ほどその確率は高くなります^^;

 

また、男女比がどうしても男性が多いことがほとんどですので、女性より男性の方がその経験はあるでしょうね。

せめて、会話に入ってきても気を使った話のタイミングをはかってくれればいいですが、そういった人に限ってたいして女性も興味なさそうなのにどうでもいい自己アピールを延々としていたりするんですよねΣ(゚д゚lll)

 

8.孤立する恐れ

多くは一人参加の場合の時に起こることですが、婚活パーティーとは違って孤立してしまう可能性はあります。

特に男女比が男性の方が多いので、あまり積極的に行けない一人参加の男性は可能性は高いですね。

女性の場合はルックスが良ければ一人参加でも120%の確率で男性が寄ってくるので孤立はないです^^。

 

また、必ずしも一人参加の場合だけではなくて、2人組で来ていても年齢とかルックスによっては会話の輪に入っていけない人たちもいます。

街コンで男女が完全に同じってことはほぼあり得ませんし、弱肉強食の世界なので致し方ないですね。

あまり会話の輪に入るのが得意ではなく、一人参加を考えている人は出会いを希望するなら婚活パーティーの方が無難でしょう。

 

9.街コン後に出会いにつながりづらい

あくまで男性側からの意見ですが(僕のスペックの低さも関係してますが)、街コンで連絡先交換してもその後また会う確率は婚活パーティーに比べたらかなり低いですね。

街コンという特性上でしょうが、その場で連絡先交換する人数は多いですが、その後につながる確率はグッと落ちます。

自分がたくさんの異性と連絡先を交換しているということは、裏を返せば他の男性もたくさんの女性と連絡先を交換していますし、その女性自身もたくさんの男性と連絡先を交換しているということですからね。

特にLINEの場合は、とりあえず面倒なのでその場でID教えて、後から速攻でブロックする女の子が多いようです( ノД`)

 

10.ヤリ目と既婚者の多さが多い

まあ、街コンはヤリ目が多いこと多いこと^^;

同じ男性の僕から見てもその多さはびっくりですね。まあ男性なんてそんなものかもしれませんが。

 

あと、既婚者も多いですね。

ちなみに、女性にも既婚者が意外と混じっているので男性陣は注意が必要です(逆に燃える男も多そうだけど)。

 

ただ、ヤリ目と既婚者に関しては婚活パーティーにも少なからずいますので、そこは本人の人を見極める目が必要としかいいようがないですよね。

運営者側も本人確認はしますが、既婚者かどうかはわからないですからね。

 

その他にも怪しい系の参加者としては、勧誘系の男女や超リピーターの参加者なんかもいます。

また、街コンの場合、身元確認の書類すら「忘れた」でなんとかなる業者も中にはありますから注意が必要です。

 

街コンを楽しむための4つのコツ

街コンを楽しむための4つのコツ

街コンの長所と短所を紹介したところで、次は街コンを楽しむための4つのコツを紹介したいと思います。

 

信頼できる街コン業者を選ぶ

街コンの短所のところでも書きましたが、街コンが楽しいかどうかは参加者よりも運営者側の質に大きく左右されます。

参加者に関しては完全に運頼みですが、業者はコチラから選ぶことができますからね。

1番信頼できるのは実際に行ったことがある参加者の人に聞くことです。

それが難しい場合はHPをみて判断することになります。

 

街コンの業者を選ぶ際のポイントは運営実績や実際の街コンの風景の写真が掲載してあったり、お店の場所を掲載している業者が好ましいです。

他にはスタッフがボランティアではなく自社の社員やアルバイトを使っているかどうかなども選ぶ際のポイントです。

⇒実際に参加してみてまともだった街コン業者ランキングはコチラから

 

出会い+αで参加する

正直、恋愛に結びつくような出会いは街コンではあまり期待できません。

ですので、あまり出会いに期待して気合いを入れ過ぎるよりも、知り合いを作るというくらいの感覚で臨んだ方が街コンを楽しめます。

 

そのためにも、出会い以外の部分での+αの目的を持って参加すると良いと思います。

それは、同性の友達作りでもいいですし、単純にその場を楽しむことでもいいでしょう。

いずれにしても、「いい人がいたら超ラッキー」くらいな感じで、真剣な出会いを求める場所ではあまりないということを頭の片隅に入れておく方が街コンを楽しめますよ。

 

女性は昼間の街コンの方が安心

街コンに参加している男性にはヤリ目はもちろん、既婚者もたくさん参加しています。

同性の感覚からしてもその割合が婚活パーティーなどより多いのは明らかです。

特にお酒も入ることから「お持ち帰り狙い」の男性の多くは夜の街コンに参加している割合が多いです(昼間だからいないわけではないです)。

なかなか地方だと昼間の街コンは少ないですし、規模も小さくなることが多いですが、安心感という点では夜よりは昼の街コンの方が良いかと思います。

 

男性は飲食店の情報をよく調べてから参加する街コンを選ぶ

街コンに参加する女性の多くは「出会いがなくてもせめて美味しい食事や雰囲気を楽しみたい」と思っている人は少なくないです。

実際に僕が参加した街コンもオシャレなダイニングバーで開催された街コンや食べログ評価の良い飲食店で行われた街コンの方が女性の人数も多く可愛い子もそうでない街コンよりも多かったです。

お店のレビューをみて参加する街コンを決める女性も少ないくないので、男性側も事前に必ず調べてから参加する街コンを決めた方が得策です。

 

街コンでカップルになりやすいコツとは?

街コンでカップルになるコツとは

街コンで気になった異性とカップルになるコツは経験上1つだけあります。

それは街コンが終わる時間のフリータイムに必ず横の席(同じテーブル)に座ることです。

 

当然と言えば当然の話に聞こえるかもしれませんが、カップルになった男女や街コンの後に二次会に行ってる男女の集団をみているとその多くが最後に一緒に席に座っていることがほとんどです。

これは婚活パーティーでも同じなのですが、最後に一緒の席になった異性に好意を抱きやすいという傾向があるからです。

街コンにしろ婚活パーティーにしろ数時間のうちに何十人という異性と話をしても、ぶっちゃけよほどイイか悪いかどちらかの人しか記憶に残っていません。

結局、最後に自分の目の前にいる人を選ぶというのは自然な流れなのかもしれません。

 

ぜひ、街コンの最後の席異動やフリータイムでは積極的に狙っている異性の横の席をゲットできるように動いてみてください(もちろん、それでもダメなものはダメですけどね)。

 

街コンに参加してみた感想まとめ

街コンまとめ

街コンに参加してみようかなぁ~と迷っている人は、1度参加してみることをオススメします。

出会いはあまり期待できませんが、意外と参加してみると楽しかったりします^^

⇒自分の地域の街コンを探すなら街コンのポータルサイト「街コンジャパン」が便利です。

 

もちろん、出会い以外の部分で楽しめる感覚は必要になりますし、ある程度の積極性は街コンには必要です。

ですが、少なくとも何もしないで家にいるくらいなら、出会いもありますし社会勉強にもなります。

1日であれだけ多くの異性とお酒飲んで話すことは普通にあまりない経験ですからね。

その上で合わなければ別の出会いの方法を選べば良いだけですし、真剣な出会いを求めるなら婚活パーティーに切り替えれば良いだけです。

 

⇒実際に行ってみて質の高かった婚活パーティーを紹介している記事はコチラ

行動しないことには何も起きませんので、折角行こうかなと迷っているのであればぜひ、1度経験してみることをオススメします。

 

 

 

    ひごぽんが今ココは使えると感じてる婚活・恋活サイト

    ペアーズ
    なんだかんだいっても日本一の婚活・恋活サイトでしょう。会員数の多さ、写真掲載してる会員の多さ、ルックスの良さ、コスパの良さ(女性は無料です)どれをとっても断トツ。婚活男女でペアーズ使ってないのは考えにくい。
    ゼクシィ縁結び
    ゼクシィっていうブランドがデカい。デカすぎる。女性の信頼感ハンパないので男性ももちろんやるしかありません。システムや特徴はペアーズと同様。あとは会員数がもっと増えてくれば文句ないのだが・・・。今後の期待も込めて。
    ユーブライド
    ペアーズやゼクシィ恋結びとかFacebook系の恋活サイトでうまくいかない時や掛け持ちで婚活サイトやりたいなら全然、システムも会員の質もタイプの違う婚活サイトのユーブライドは良いと思う。マッチドットコムやブライダルネットでもいいが会員数の多さでココかなと。