婚活男女に自分磨きは必要なのか?本当に結婚するための自分磨きとは?

自分磨き 婚活

こんにちは。ブログ管理人のひごぽんです。

「自分磨き」という言葉はどんな世界でもよく使われる言葉ですが、婚活の世界でも「自分磨き」に精を出す男女は少なくありません。

婚活においての自分磨きと言えば一般的にはダイエットやファッションセンスなどを指すことが多く、その他では女性であれば料理や着付けなどの習い事など、男性は筋トレやコミュニケーションスキルを磨くためのセミナーなどが人気なようです。

 

僕個人的には婚活で自分磨きをしようと思ったことはありませんし、自分磨きを否定するわけではありませんが、婚活においての自分磨きはその方向性が正しくないと全く見当はずれの労力と時間の無駄に終わってしまう可能性もあるのかなと思っています。

ということで、今回この記事では婚活における「自分磨き」について僕なりに想うことを書いてみたいと思います。

婚活においての正しい自分磨きとは「成婚に直結する」ものでなくてはならない

婚活においての正しい自分磨きとは「成婚に直結する」ものでなくてはならない

そもそも婚活においての正しい「自分磨き」とはどういったことを指すのでしょうか。

多くの婚活男女の婚活での目的は「成婚」であるかと思います。

であるとすれば、婚活においての正しい自分磨きとは「成婚に直結する」ものでなくてはならないはずです。

 

ですから例えば、アナタの婚活がうまくいかない最大の原因が太っていることであればダイエットという自分磨きは成婚に直結したアプローチだと言えます。

ですが、何となく「今よりもっと痩せれば異性からの申し込みが増えるはずだ」というような安易な考えでダイエットに精を出しているのであれば、それはあまり成婚に直結するアプローチだとはいえませんよね。

そう考えると、婚活においての正しい自分磨きとは「アナタが婚活でうまくいかない原因に対しての成婚するための戦略」だと言いかえることが出来るのではないでしょうか。

いかに自分が婚活でうまくいかない原因を正確に知ることが出来るかどうか

自分が婚活でうまくいかない原因を正確に知る」ことが出来るかどうか

婚活においての正しい自分磨きとは「アナタが婚活でうまくいかない原因に対しての成婚するための戦略」だと書きましたが、「戦略」という部分を事前によく考えて婚活をすることが非常に重要だと僕は思っています。

 

アナタが婚活でうまくいかない原因に対してアナタがとる戦略は「原因を修正する(改善する)」以外にも方法があります。

アナタが婚活でうまくいかない原因が仮に太っていることだとして、ダイエットをして痩せるということも1つの方法ですが、そもそも太っている人が好きな異性を探すことも有効な方法の1つです。

また、太っている人が好きではないけれども、それを補って余りあるほどの魅力で異性を惹きつけるという方法もあります。

わかりやすい例で言えば、ルックスが悪くてオタクでチビでハゲの年収数億円ある青年実業家が可愛いアイドルと付き合って結婚するようなイメージです^^;

原因を改善するために努力するのか、それとも原因を原因だとも思わないような希少な人を探すのか、もしくは原因は放っておいて自分の武器をひたすら磨くのか、どの戦略をとるかはアナタ次第です。

 

ただし、共通して大切な事はいかに「自分が婚活でうまくいかない原因を正確に知る」ことが出来るかどうかと言うことです。

原因を知らないことには戦略を練ることもできません。

では、どうすればアナタが婚活でうまくいかない原因を知ることができるのでしょうか。

婚活男女にとってまず大事な事はとにかく出会いの数を圧倒的に増やすこと

婚活男女にとってまず大事な事はとにかく出会いの数を増やすこと

個人的に婚活という場での自分磨きは異性との出会いの中でしか磨かれないと思いながら僕は婚活をしていました。

そして今となってみて、その考えはあながち間違ってなかったように思います。

ですから、自分がなぜ婚活がうまくいかないのか正確に原因を知るための第一歩は数多くの異性との出会いを積み重ねていくことだと考えます。

 

「量が質を凌駕する」とか「量が質に転化する」なんて言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、まさにコレですね。

要は「数稽古」が大事だという事です。

よくたかだか数回婚活パーティーに行ったり、数人の人とお見合いをして失敗しただけで「婚活に疲れた」「ロクな人がいない」なんていう婚活男女がいますが、甘すぎます^^;

 

優良な結婚相談所でも成婚できる男女は15~20%程度と言われています。そして、その人達は婚活男女で言えばいわばエリートのような存在です。なぜなら、35歳以上の独身男女が結婚できる割合はわずか2%とか3%とか言われるくらいですから。

そんな婚活男女の中では優秀といっていい人達ですら20人とか30人の人とお見合いをしてやっと成婚までたどり着く訳です。

 

婚活男女にとってまず大事な事はとにかく出会いの数を圧倒的に増やすこと。

出会いといっても出会い系のようなサイトやアプリのような真剣さに欠ける出会いではあまり意味がありませんが、基本的に婚活と名がつくものであれば質の面はいったん脇に置いてしまって、合コンでも婚活サイトでも婚活パーティーでも結婚相談所でも何でもOKです。

まずは今の自分の環境や予算の中で出来る出会いの絶対数を増やしていくこと。これが婚活で成功するための第一歩となります。

成婚へ自分を修正していくための唯一の問題点とは?

自分で自分を知る

多くの異性との出会いを増やしていくと、そこには必ず結果が出ます。

中にはお付き合いする人も出てくることもあるでしょうし、自分は気に入ったけど相手から振られるケース、その逆のケースなど色々な出会いの結果が出てくるはずです。

そこで初めてアナタにとって成婚するために何が足りなくて、何が必要なのかが見えてきます。また、自分の婚活市場での価値みたいなものもわかるようになります。

自分に足りないもの、必要なものがわかれば後はその部分に対して自分がどうアプローチしていくのかを決めて行動に移します。

そして、その結果を踏まえて、また仮説⇒検証を繰り返す。ただ、それだけです。

そうすることによって成婚へ着実に一歩ずつ近づいていくことが出来ます。

 

ただし、ここで1点問題があります。

それは「自分で自分に足りないものを見つけることが非常に難しい」ということです。

また、仮に自分が婚活でうまくいかない原因を知ることが出来ても、正確にその事実を評価することも難しいですし、その原因に対して自分なりにアプローチの方法を考えて行動移すことも簡単ではありません。

これらが全て自分一人で出来る人というのはそもそも婚活などしなくても相手を見つけることが出来ている人であるとも言えますし、仮に婚活という場に出てきてもすぐに相手をみつけて勝ち抜けしていく人たちなのです。

「一人で婚活しない」方がうまくいく確率が高くなる

「一人で婚活しない」方がうまくいく確率が高くなる

自分自身で婚活がうまくいかない原因を知り、その原因に対して自分なりの方法で改善して成婚まで辿りつける一部の人たちはいいとして、そうではない大多数の婚活男女はどうすればいいのか?

そういった婚活男女は「一人で婚活しない」方がうまくいく確率が高くなると僕は思います。

要は自分以外に自分の婚活を一緒に頑張ってくれる、協力してくれる人の存在が必要だという事です。

どうしても自分自身を客観的に観るということは簡単なようで簡単ではなく、そして原因を知ったところでそれに合った改善策を継続して続けていくにはある程度の強制力がある方があった方がいいのです。

 

では、どうやって自分の婚活に協力してくれる人をを見つければいいのか。

身近な存在で考えるとアナタの友人や知人と言うことになるでしょう。ただし、条件としてはアナタにとって耳が痛いことでもハッキリと言ってくれる友人・知人であること。そして、可能であれば同性の友人・知人だけでなく異性の友人や知人もいた方がより好ましいでしょう。

そういった友人や知人がいるのであれば恥を忍んでお願いしてみる価値はあると思います。

 

ですが、そういった存在がいないのであれば結婚相談所の仲人や専任のコンシェルジュなどを頼るのも1つの手でしょう。

ただし、結婚相談所であればどこでもいいのかというと当然ながらそんなことはなくて、条件を満たす結婚相談所でなければ意味がありません。

仲人型の結婚相談所に入会する最大のメリットは「サポート」。ただし・・・

仲人型の結婚相談所に入会する最大のメリットは「サポート」

仲人型の結婚相談所に入会する最大のメリットは「サポート」であるはずです。

もしありきたりな画一的なサポートしかないのであれば、そもそも仲人型の結婚相談所を選ぶ意味はほとんどありません。であれば、楽天オーネットツヴァイなど結婚情報サービスで十分です。

メールや電話での相談やお見合いの日程調整など、誰でも出来るようなサポートは本来のサポートとは呼びません。これはただのサービスです。

本当のサポートとはお見合いを申し込んでも断れるような相手にプロフィールではわからない魅力を伝えることでお見合いを可能にしたり、交際中に今後の進展で迷っている相手の背中を押すことで真剣交際に進む手助けをしてくれたり、自分ではコントロールできない部分での後押しであるべきです。

そして、アナタが自分自身ではわからない他人からみたアナタの魅力を引き出してくれたり、時にはアナタに耳が痛いけれども成婚の為に必要な足りない部分などをフィードバックしてくれる存在であるべきなのです。

 

そういったサポートをしてくれる仲人がアナタにいるかいなかいかでは成婚する確率は大きく変わります。

ただし、こういったサポートをしてくれる仲人がどれくらいいのかというと、おそらく数は少ないでしょう。

また、残念ながらこういった仲人を見つけることが出来るかどうか、その半分は運次第です。

 

大手の結婚相談所では無料面談で話す営業の担当と実際に入会してからお世話をしてくれる担当は別の人間です。

親身にアナタの成婚の為に尽力を尽くす仲人もいれば、事務的でマニュアル的なサービスしか行わない担当もいます。どっちが当たるかは運次第です。

であれば、無料面談で直接話すことが出来る個人の結婚相談所がいいかと言えば、それも一概には言えません。

入会前はイイことばかり話をして、実際に入会すると全然事前の話と違ったなんてことはよくわる話です。

 

ですから、結婚相談所を選ぶ際の最大のメリットは「サポート」ではあるのですが、このサポート力を事前に正確に知ることが難しいというもどかしさがあります。

では、どうやって結婚相談所を選べばいいのでしょうか?

結婚相談所選びで失敗しないためのポイントとは?

仲人型の結婚相談所に入会する最大のメリットは「サポート」

結婚相談所を選ぶ際に大事なポイントとしては「事前に確実にわかるものだけに着目して考えてみる」ことが大切です。

例えば月の最低紹介人数や固定の料金、交際の期間のルールなどなど、サポートなど入会してみないとわからない部分ではなく誰でも共通のサービスの部分です。

正直なところ、結婚相談所の良し悪しは入会してみないとわからないことが多いでです。いくら事前にどんなにいい話をされても入会してみないと本当のところどうなのかは誰にも分かりません。

会員数は多くてもアナタの希望の人とお見合いが出来るかどうかは全く別の話ですし、サポートだって誰が担当になるのかはコントロール出来ません。

また、他人にとっては素晴らしい結婚相談所でもアナタにとって最高かどうかの保証はどこにもありません。相談所にも担当者にも相性があります。

ですので、入会しなくても確実にわかる部分に着目することは結婚相談所選びで失敗するリスクを減らす有効な方法です。

 

その中でも僕が重視していみていることの1つが「出会いの数」を増やすためのシステムです。

ハンドメイド型の結婚相談所であれば月に最低何名の会員を紹介してくれるのか?

仮に紹介してもお見合いに達しない場合にどういった保証があるのかというような点を必ず確認します。

また、ネットで検索して申し込みをするタイプの結婚相談所であれば月に何名まで申し込みが可能なのかどうか。

同じ結婚相談所連盟の検索システムを使っていても、相談所によっては月に20名までしか申し込めないという上限がある相談所もあれば、無制限に申し込みOKの相談所もあります。

当然ですが、平均的なお見合いの快諾率が10%未満であることを考えると月に20名しか申し込めない相談所と無制限の相談所ではどちらが出会いの数が多いかは一目瞭然ですよね。

成婚までに最低でも数名の会員と交際しなくてはいけないというデータを考えると、どちらがより成婚に近い結婚相談所かは明白です。

ですので、必ず出会いの数を増やしていける環境の結婚相談所なのかどうかは確認しておく事をおすすめします。

 

また、地方にお住まいの方であれば必ず自分の地域で自分の希望条件で何名くらいの対象のお相手がいるのかも確認しておくべきです。

というのも、大手結婚相談所など会員数は多いですが、地方の会員数だけで言えば複数の結婚相談所の連盟に加盟している個人の結婚そうだ所の方が遥かに紹介できる会員の数が多いことがあるからです。

仲人型ではなくデータマッチング型ではありますが、結婚情報サービスで国内最大の会員数である大手の楽天オーネットですら僕の条件に合う女性会員は福岡で約200名程度であったのに対して、IBJ結婚相談所連盟など複数の連盟に加盟している個人の結婚相談所では同じ条件でのべ800名以上(実数は4~500名程度と推定)の会員が登録していました。

自社会員に関しては大手は個人の結婚相談所とは比にならないほどの会員数がいますが、実際に紹介できる人数で言えば複数の連盟に加盟している個人の結婚相談所の方が多いことがよくあるのです。

自社会員の多さの違いはお見合い後からのサポートへ大きく影響する可能性

仲人型の結婚相談所に入会する最大のメリットは「サポート」

一般的に仲人型の結婚相談所で大手と言えばIBJメンバーズ、パートナーエージェント、サンマリエ、そして料金プランにもよりますがノッツェなどが挙げられます。

大手と個人の結婚相談所の大きな違いの1つとして「自社会員の数の多さ」という違いがあります。

 

IBJメンバーズはIBJ結婚相談所連盟の直営店ですので自社会員の数はわかりませんが、パートナーエージェントで言えば2018年時点で約1万3000人以上の自社会員がいます。

一方、個人(中小の結婚相談所も含めて)の結婚相談所での自社会員数と言えば東京で多いところでも500名程度、僕の地元の福岡では200名程度がMAXです。

中には自社会員が0名という個人の結婚相談所もいくつもあります。

 

ただし、先ほどの項目でも書いたように実際に紹介できる人数と自社会員の人数は一致するわけではありません。

地方では大手の結婚相談所よりも複数の連盟に加盟している個人の結婚相談所の方がネットで検索できる人数が多いことがほとんどです。

ですので、ネット検索での出会いをメインにする結婚相談所では大手も個人も気にする必要はないのですが、ハンドメイドの紹介を行う場合はサポート面を考えると自社会員が多い結婚相談所が断然有利であることは知っておいた方がいいでしょう。

 

というのも、ネット検索型の結婚相談所の場合、お見合いをする相手のほとんどが他社の結婚相談所に所属している会員の方になります。

ですから、お見合いを断られた場合や交際中など相手がアナタをどう思っているのか、なぜうまくいって、なぜうまくいかなかったのか詳細に知るためには他社の相談所の担当の方に連絡を取って情報を仕入れる必要が出てきます。

そうすると、なかなか正確なフィードバックをアナタに情報として伝えることが難しくなるのです。

 

それに対して自社会員同士のお見合いや交際の場合、両方ともその会員の人柄はもちろん、なぜ断ったのか、なぜ良かったのか、そして今どういった気持ちでいるのかなど、正確にヒアリングして自社で情報を共有することでアナタにとって有利で正確なフィードバックが可能なのです。

そういった点では自社会員を多く持つ大手や中小の結婚相談所の方がお見合い後のサポートに関してはアナタにとって有利に働く可能性は高いと言えます。

おすすめの仲人型の結婚相談所とは?

結婚相談所 おすすめ

確定している紹介数の多さ(出会いの数の多さ)という点と自社会員同士のお見合い後の手厚いサポートの可能性という点も踏まえて、最もその条件に該当する結婚相談所としては大手であればパートナーエージェントです。

 

月の最低紹介数は2名とあまり多くないですが、あくまで最低数であって実際には平均7名程度の紹介があります(地域や個人差はありますが)。

自分でネットで申し込む相手とは違って人柄や条件などを踏まえて各支店の担当で集まって、誰を紹介するかを決めているのでお見合いの快諾率や交際へ進む確率が高いのも特徴的ですね。

ここは僕も書いたように「自社会員同士のハンドメイドの紹介のメリット」だといえるでしょう。

 

サポートに関しては正直、担当による当たりハズレはあると思いますが、1人の担当が受け持つ会員数という点では大手ではかなり少ないですし、かえって個人でやっている結婚相談所よりも少ない可能性もあります。

また、連盟に加盟していない分、交際期間や真剣交際の期間などのルールに多少の自由度があるのも自社会員ならではの強味とも言えるでしょう。

料金も個人の結婚相談所よりもやや高いくらいでさほど差もありませんし、個人的には大手の仲人型の結婚相談所では1番だと思っています。

実際にオリコンの顧客満足度ランキングでもパートナーエージェントがずっと1位であることもあながち嘘ではないなと感じています。

 

 

ただし、あくまで大手の仲人型の結婚相談所であればという点でパートナーエージェントがいいというだけで、各地域によってサポートも手厚く紹介数も豊富なやり手の個人の結婚相談所というものが必ず1社や2社はあります。

ただ、中小や個人の結婚相談所の口コミはほとんどないに等しいですから、自分自身の足で無料面談に出向いてみて自分の目と耳で確かめてくるよりほかありません。

紹介数や出会いの数という点では僕の地元の福岡であれば「マリーシュアブライダル」「カーノトゥモロー」などは申込数が無制限で、なおかつハンドメイドの紹介もやってくれるそうです。

また、大手とまでは行きませんが西日本に支店をいくつか構える福岡の結婚相談所の「フィオーレ」なども条件付きではありますが申し込みの制限もなく、期間中最低6名~12名の紹介とお見合いセッティングの特約などがあり悪くない相談所の1つだと思います。

まとめ~婚活でまず大切な事は自分磨きよりも出会いの数を増やすこと

出会い 婚活

いかがでしたか?

今回は婚活においての自分磨きというところから、婚活がうまくいかない原因を知るための結婚相談所の選び方まで総合的に書いてきました。

僕の結論を再度、書いておくと「婚活においての自分磨きなど必要ない」と思っています。

 

婚活で大切な事は成婚に向けて自分にあった戦略を考えて実行・修正していくことです。

その戦略の中で自分に足りない部分や自分の武器となる部分を磨く事が「自分磨き」であればそれは確実に必要なことですが、いわゆる一般的に使われている婚活での自分磨きという意味であれば、その時間と労力とお金を出会いを増やすために費やした方が遥かに婚活の目的を達成できる確率は高くなります。

婚活でまず大切な事は自分磨きよりも出会いの数を増やすことです。

量が質に転化する時が必ず来ます。

 

たくさんの異性と出会うことで自分自身を知り、成婚に向けて着実に行動を変化させていくことが大切です。

そうすれば婚活の目的である成婚というゴールへ近づく事が出来るはずです。

 

 

 

管理人が今ココは使えると感じてる婚活・恋活サイト

ペアーズ
日本一の婚活・恋活サイトでしょう。会員数の多さ、写真掲載してる会員の多さ、ルックスの良さ、コスパの良さ(女性は無料です)どれをとっても断トツ。
ゼクシィ縁結び
知名度抜群で会員数は問題なし。男女有料だから会員の質がいいと評判です。30代以上の大人の男女におすすめ。
マッチドットコム
ペアーズやゼクシィ恋結びとかFacebook系の恋活サイトでうまくいかない時や掛け持ちで婚活サイトやりたいなら全然、システムも会員の質もタイプの違う婚活サイトのマッチドットコムは良いと思う。

実際に使って良かった婚活サイトをランキングしてみた

⇒管理人が実際に使って良かったおすすめネット婚活サイトランキングはこれ
管理人のひごぽんがあらゆる有名&大手&人気のネット婚活サイトや恋活アプリを使って本音の本音で決めた婚活サイトランキングです。特に1位の婚活サイトはネットで出会い探すなら必須のサイトですよ(^^♪